法事や葬式だけじゃない!神社じゃなくお寺でも七五三祈願ができる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ、安樹です!

もうすぐ七五三ですね!

 

今年の11月15日(木)は昨年に続き、大安の七五三です。

 

お坊さんのブログで七五三?七五三は神社でしょ?と思われる方も

 

いらっしゃるかもしれませんが、実はお寺にお参りに行かれる方も沢山いらっしゃいます。

 

日蓮宗のお寺でも七五三の特別祈願や七五三参りを受け付けています。

 

今回は法事や葬式だけじゃない!神社じゃなくお寺でも七五三祈願ができる!

について書かせていただきます。

 

七五三の本来の意味

  • 神様からの預かりものだった子供
  • 七つまでは神の内
  • 人口増加による環境悪化
  • 五代将軍綱吉の成長を願う祝宴

江戸時代に「七つまでは神の内」という言葉があり、数え年の7歳までは亡くなっても本葬は行わず、社会の一員として認めておらず、その為、子供自身が罪を犯してもとがめもなく、親が罪を犯しても巻き添えになることはありませんでした。

「神様からの預かりもの」とは、それだけ子供が7歳以上に育つということが容易ではなかったということで、江戸時代の当時の都市部では、人口増加による環境の悪化と、医療が発達していなかったため、今では助かる怪我や病気で亡くなる人も多く、飢饉で十分な食料が無い人も沢山いました。

子供が無事成長するには「神様にお任せするしかない」ということだったのかもしれません。

その代わり、子供に対してのお七夜やお宮参りなど、健康や成長を願う様々な習慣がうまれました。

そうした習慣が、徳川家光(三代将軍)が徳松(五代将軍綱吉)の健やかな成長を願った祝宴と結びつき、行事としての七五三が庶民に広まっていきました。

 

なぜ、七歳・五歳・三歳 なの?

  • 3歳男児・女児の「髪置(かみおき)」
  • 5歳男児の「袴着(はかまぎ)」
  • 7歳女児の「帯解き(おびとき)」

奇数はめでたい

奇数はめでたい数字という考えが昔からありました。

3歳までの男児・女児は髪の毛を剃るのが一般的で、赤ちゃんから幼児へと成長したのを祝い、髪の毛を初めて伸ばしたのが「髪置」です。

白い綿を帽子にした「綿帽子」を頭に乗せ、髪が白くなるまで長生きしますようにと祈ることもありました。

 

5歳になった男児が袴を初めて履き、幼児から子供へと成長したことを祝うとともに、碁盤に乗って四方の神様に祈りを捧げ、人生の勝負で「四方を制することができますように」という願いが込められているのが「袴着」です。

 

7歳になった女児は、それまでつけていた幼児用の付け帯からの卒業です。
付け紐(着物にあらかじめ付けておき、着物を着やすくするもの)をとり、脇の下の身八つ口(着物の脇の切れ目)をふさいだ小袖を着て、大人用の幅の広い帯をしっかり締め、「魂を内にしっかりと留め、身を持ち崩さないように」という願いを込めたのが「帯解き」です。

七五三のお祝いが終わった後の子供は?

七五三のお祝が終わった後の子供は、「神の内」ではなくなり、社会の一員として認められ、相当の責任も負わされました。

神の内が終わった直後から奉公に出たり、家業を手伝ったり、寺子屋で勉強に励む子もいました。

15歳になれば立派な大人として働き、これが江戸時代から近代に至るまで日本の社会を支える労働力でした。

 

現代では15歳は中学生でまだまだ子供ですが、本来の七五三の意味に込められている、年齢による意識・けじめを大事にして、伝えていきたいですね。

 

まとめ

今回は法事や葬式だけじゃない!神社じゃなくお寺でも七五三祈願ができる!

について書かせていただきました。

 

玄妙事務所でももちろん、七五三の祈願は承っています。

詳細はお問い合わせ下さい。

少子化が叫ばれている今、これからの日本を担う子供たちがすくすくと育っていくことを願ってやみません。

 

 

法要・法事、葬儀のお坊さんのご用命なら「法華経手配」まで

ご自宅やご指定の場所へ僧侶が直接お伺いします。

【お布施一律 対応地域】
東京都 埼玉県 神奈川県 千葉県

【交通費 実費対応地域】
関東地方遠方、その他関東地域
ご要望がございましたら、全国出張も致しております。

 

提携の葬儀ホールもございますので、そちらでお通夜お葬式も可能です。

皆さまのご依頼をお待ちしております。

 

ご相談・ご依頼はお問い合わせフォームより、ご連絡下さい。
※ご相談は無料で承ります

お急ぎの場合は、下記電話番号へ
フリーダイヤル 0120-601-701
緊急フリーダイヤル 0120-799-778 (24時間年中無休)
※「法華経手配を見た」とお伝えいただきますと、スムーズです

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*